京都市内の賃貸物件・売買物件のことならお任せ下さい!

管理

賃貸管理

空室長期化の問題点1 賃貸管理会社の閉鎖性

一般的に賃貸管理会社は、募集手数料を収入の柱としています。
自社単独で入居者付けを行えば、貸主と借主の両方から手数料が入ることから、情報を外部に公開したがりません。 その結果、入居者付けに時間がかかってしまい、それでも対策を取ることはなく、オーナー様にとっては不安な日々を過ごすことになります。

情報公開 他者賃貸会社へも幅広く募集

物件周辺の客付専門の仲介業者全社へ情報公開し、成約時には広告料として家賃の数ヶ月分を 支払います。客付業者には入居者からも手数料が入るので、成約獲得に必死になります。
また、募集一覧表を配信し、閑散期には様々なキャンペーンを実施し、入居を促進致します。

媒体活用 インターネットの活用

インターネット、専門誌、メール配信など、さまざまな媒体を活用し入居者募集に努めます。 インターネットでは「アットホーム」「ホームズ」などに掲載し、また、「レインズ」という不動産物件情報交換のためのネットワークシステムに登録し、情報収集にも尽力致します。 インターネット広告媒体での周知はエンドユーザーだけではなく、他社管理会社・客付専門会社からの問い合わせも多く、幅広く物件情報を発信致します。

募集手数料を客付会社への広告費として活用

具体的には、早期入居者付けのために募集手数料を客付会社への広告料・担当営業へのインセンティブとして活用しています。 一日でも早く日割り賃料を発生させること、それが当社の最優先課題です。

空室長期化の問題点2 入居者心理変化への対応不足

昨今の賃貸事情はもの凄いスピードで変化しております。
特に、『一人暮らししたい。家賃は払えるんだけど、敷金が・・・。』というニーズは昔から多くあります。しかし、関西のオーナーは敷金については他地域に比べ多く納める慣習がいまだに続いております。また、最新設備物件のニーズ増加。間取りの好みの変化。外観・内装のデザイン性など多種多様に変化しております。

解説図

▲ページの先頭へ

リノベーション事業

『スクラップ&ビルド』の時代から『リサイクル』の時代へ 管理物件をバリューアップさせ、稼働率を向上させる!! 単なる原状回復工事から時代の流行に合わせた物件価値の創造へ

リノベーションとは?
  • 既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすること。
  • 建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させること。
  • 耐震性や防火安全性確保し、耐久性を向上させる、冷暖房費などのエネルギー節約のため、IT化など変化する建築機能の対応・向上のために行われる。
  • 外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などを行う。
  • 無料査定依頼
  • 髙永管理 賃貸入居中の方
  • 三条商店街アーケード内 月極駐輪場
  • 不動産業者様へ
  • コピー腕時計
髙永株式会社
  • 京都市中京区西ノ京池ノ内町1-1
    地図はこちら
  • TEL:075-803-3466
  • FAX:075-320-1677
  • 京都府知事(2)第12846号
スーパーコピー時計 スーパーコピー時計 私たちのロレックスのレプリカから販売安いの時計は、英国のオンラインストアを監視します。 スーパーコピー時計
pagetop
Copyright © 2014- 京都市内の賃貸物件・売買物件のことなら髙永株式会社. All Rights Reserved.